« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

手ぶらセット(55湯め)

手ぶらセット(55湯め)
今日は家族で山梨に出かけていたのだけれど、事情によりムスメとあたしは電車で早帰り。

夕方新宿駅に着いて、では・・・いざ行かん、初台「玉川湯」さん。

西新宿五丁目の駅からてくてく初台に向かって歩く。だいたいあそこらへん・・・とムスメとあたりをつけると「絶対この道だ!」て、何だかわかる。住宅と商店が混ざった道、間違いない。そして「あ。あの灯りが怪しいね!」

ビンゴ。

こぢんまりとして清潔感のある、ふつーの、昔っからのあったかいお店でした。

ペンキ絵は石川県見附島(男湯は赤富士)、浅湯&深湯のスタンダードなコンビ。今の季節にちょうど良い温度のお湯でたっぷりです。お客さんもコンスタントに7、8人が居続ける感じでした。脱衣場の金魚や置物、ちゃんと面倒をみてもらっている鉢植えたちに、おもてなしの気持ちが感じられます。

予定外に急に訪れたので、久しぶりに「手ぶらセット(タオル、ボディソープ、リンスインシャンプーのセット)」購入しました。ああ、それにつけても、なんでこんなに手ぶらセットのくたくたタオルは泡立ちがいいんでしょう!あかすりタオルも好きだけど、フレッサー(あかすり)も好きだけど、くたくたタオルでよく泡立てて体を磨くのもいいもんです。

坪庭の縁側に喫煙所。ムスメが髪を乾かしている間に、ぷかぁ。と一服しながら空を眺めました。

いつか体を天に返す時まで、きれいに使っておこう。なんて思いながら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

突如、抜歯

突如、抜歯
歯が、がきーん!と痛くなって。
どーにもこーにも、我慢がきかなくなって。
予約もせず歯医者に飛び込んだら、即抜歯になりました。
見事なあなぼこ。恐るべしミュータンス菌。

…ずっと「在るのは知ってたけど放っておいた」虫歯でした。デンタルフロスもうまく通らないキツイ歯間で、「んー参ったなぁ。でも、時々しか痛くないから…まっ!いっかぁ」と思ってきてました。こんなに急に暴れ出すとは露ほども思いませんでしたよー(ああ、仕事のない週末で良かった…)なあんも出来ないんだもの。頭のなかが「イタイ」の文字で耳なし芳一みたいになってしまって。

ちろっ。て診察して。
一応、って、レントゲンとって。
「あのですね。虫歯。斜めに生えてる親知らずで、けっこう進んでて。今すぐ抜いていきますか?」

えーっ!抜くの!心の準備がー!
って、感じでした。
あとはまな板の上の鯉。ちょちょいって麻酔して、ゴリゴリ、ひゅっ。ちくちくぬいぬい…。目隠しされてるのだけれど、ひー、とか、うー、とか言いながらもしっかりパッチリ目をあけておりました。

虫歯は、はやいとこ手を打ったほうがいいですね。このおかげで週末銭湯に行けなかったもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

憧れのお店へ(54湯め)

憧れのお店へ(54湯め)
快晴続きのお正月。のんびりダラダラしておりました。

2日の朝湯はひとりで地元の「宝湯」さんで、のへーっと。

そして、そして!今日は大田区の「明神湯」さん(銭湯好きなかたには超有名なお店なんです)へ、家族で遠征ーっ!でス。

今日は18時からの開店で、地元のかたと銭湯お遍路のかたとがポツポツの日でした。…こちらもすてきなお店。大きな唐破風。

ああ、昼間に建物を鑑賞したかった…。
中は、丁寧に大切に磨かれています。しっとりと使い込まれた番台、広い脱衣場に格天井。もちろん浴室も高くて解放感のある天井。女湯には西伊豆から望む富士山のペンキ絵があって。仕切りに柱がないから、そのまま絵が男湯に続いています(女湯が優遇されているようで何だか嬉しいものなんです)。

シンプルな浴槽。浅湯は細かい気泡の沸くお湯、熱めの深湯、そして薬湯用の深湯が、突き当たりの壁にそってあります。

帰り際。入口でカメラ片手にしているあたしに、番台にいたおかみさんが気づいて。
なんと、「撮りましょうか!」と、出てきてくださいました。家族で出かけることも、いっしょに写真を撮ることもない子どもたちには、嬉しいことだったんじゃないかな…と、思いました。

ほかほかの体。
今年も、銭湯が好きです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »