« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

んー、悪い癖。

関連妄想的な悪い癖。

色んなことの原因とか責任を、自分と関連づけてしまう思考回路にはまることがあります。自分が悪いのだと思い込むほうが、きっとあたしにとってラクだから。相手を責めるのは苦手だから。何だか最近そんな回路にはまりつつあり、・・・良くないなぁ。と思っています。

まったく、そんなに自分がひとに影響するなんて思うあたりが傲慢(笑)!て、わかってはいるんですけどね。ひとの気持ちは自分じゃないからわからないもんだし。人間関係は相互作用、共同幻想だって。世界は主観の集まりで出来てる、って。こんな思考にはまりこみそになるたび自分に言い聞かせてみるんです。

ことばひとつをとっても、自分と自分以外では温度も感覚も違うのに・・・何でこう、「同じことを言ってるんだ」って幻想を持てるのかなあ。でもそういう事が出来ないと、仕事にならんしなあ。

ああ、ちょびっとだけ煮詰まり中。週末は銭湯に行こっと(爆)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ポップなペンキ絵!(48湯め)

ポップなペンキ絵!(48湯め)
ポップなペンキ絵!(48湯め)
今日は朝からPTA、仕事はくるくる、人間関係もグルグル。うぎゃあー!ストレスフルないちにちだッ。

だからってわけじゃないけれど、神楽坂の「第三玉の湯」さんに寄って帰りました。ぐぢぐぢと、モヤモヤと、くすぶる気持ち抱えながら。

ビル風の入口なれど、昔からのつくりの建物で天井高いです。フロントでタオル借りて女湯の暖簾をくぐります(貸しタオルってよく泡立つので好き)。

浴室に入って目に飛び込むのは、ポップな、ピンクの、富士山のイラスト!ペンキ絵っていうかイラストなんですっ。男女湯仕切側に、どどおおんと波。壁側に富士山。すべてピンクのグラデーションで。男湯はブルーで、対になってるの。けっこう、ビックリします。・・・この絵を見ながらぬるめの宝寿湯(漢方湯)にだらんとつかってたら、何かぐぢぐぢ思い詰めるのがバカみたいな気がしてきました。

お風呂あがりにフロントでビールかったら、おかみさんがおつまみサービスしてくれて、さらにほおんわり。ペンキ絵についてお話をうかがうと、お知りあいの息子さんの若い?イラストレーター(MIE ISHII氏→ウェブサイト発見しました)が描いてくださってるとか。あぁー。お客さんがいて撮影出来なかったのが残念。以前はもっとポップな絵だったそうですが、ご高齢のお客さんがビックリなさったから、今回は富士山を描いていただいたんですって。うーん、見たかったなぁ。

・・・煮詰まりそうになっていた夜。また銭湯に助けられてしまいました(^-^)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

飲み続けー☆

金曜土曜が社員旅行というヤツだった。ただただ、のみつづけの二日間〜!昼間に呑む酒の美味いことよ(笑)

某温泉に行ったのだけど、新幹線で着いた仙台では自由行動。集団行動が得意でもないだんごは仙台方面に住む昔からの友人と落ち合い、まずは乾杯(お世話になりました。ありがとございます)。これが1500位。ビールに日本酒二合、美味しいアテもいただいて、すっかりいい気分ですよ。

タクシーでお宿に滑り込み、やらかいお湯に浸かったあとはすぐ宴会。…呑むべし。社交的に動き回らなかったのに、何だか色んなひととしゃべったなぁ。(しかし今回ははじけないようにカナリ気をつけたんですよう。「飛びますっ!」とか「かじらせろー」は、やらなかった。エラい。)二次会も呑みと語り。お部屋でも女子と語り。呑みっぱなし。

翌日はお湯につかってサッパリしたあと松島へ。
あああ、よく銭湯のペンキ絵の題材になる松島ですよう☆

生牡蠣焼牡蠣牛タンで地酒呑む。甘口で今ひとつ好みではなかったけど、後口がさらっとしてるから進む。よい気分。もちろん観光もしましたよ。松島は初めてではないけど20年ぶりくらい。なんだか建物がきれいになってました。

・・・帰路の新幹線でも、普段しゃべらないひとと大爆笑しながらビール。帰宅してからは地元のママ友達と約束してて日本酒をいただく。24時間以上呑みっぱなしな感じ。

もともとお酒は好きだけど、ほんとに今回はよく呑みました。荒れなかったのが奇跡です。それだけオトナになったということですな('-^*)失敗は、二次会のあとタスポを借りてタバコ買いにフロントにおりたら、迷子になってお部屋戻るのが大変だったことぐらいか。だってすごく広いお宿だったんだもの!

色んなひとと話できたのは収穫だったな、って思う旅行でした。まぁ、たまにはいいよね社員旅行も。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おしゃれさんへの道のり。

夏に髪型をショートボブにしてからずうっと「スカーフとかショールを巻いてみたい」て思ってたんです。

だいたいがいつもモノトーンな服なもので、暗くならないように(てゆか、若く見えるようにか?)色味を入れたいなぁとか思うわけですよ。・・・で、買い込んで、ストールに挑戦。

しかし、気づいたんです。装飾品とゆーのはどーしてこう動きを邪魔するんかなあ!って。仕事中はどうにもふやふやとして邪魔。巻き慣れないから気になるし。でも、一日のほとんどを事務机の前で過ごすわけで、行き帰りだけじゃ何か意味ない(-.-;)社内の若い女子に巻き方を教えてもらい(自覚した。このあたりがかなりオバサン。)、2日ほど頑張って。

挫折。

おしゃれなおとなのオンナへの道のりは険しいなあ。

だいたい化粧直しも嫌いだもん。口紅苦手なんです…。何かベタベタしてるし、どうせ食べちゃうんだしと思ったりして。しかし、ファンデーション塗らないと外を歩けないので、眉と口だけは朝とりあえず塗ってる感じ。

うーん。でも。もしかしたら銭湯めぐりをしているうちに偶然香取慎吾さんとバッタリ!なんてことも有るかも知れない(かなり妄想)から、これからも女子度を上げるように頑張ってみようかななんて思います。周囲の女性、みんな結構おしゃれさんなんだもの。コツを教わろっと。・・・さて、今日も挑戦ぢゃっ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

はぁー。ウットリ(47湯め)

はぁー。ウットリ(47湯め)
はぁー。ウットリ(47湯め)
土曜日はちょいと上野に用があったもんで、帰りに北千住に寄り道。

ああ、東京銭湯と言えば北千住。憧れの大黒湯さん!

もう、ウットリです。建物が素晴らしいー!大きい千鳥破風、唐破風、大黒さんや打ち出の小槌の彫り物、鳳凰?の懸魚。堂々としていて美しいんです。本やDVDで知ってはいたけど、目の前にすると圧倒されます。脱衣場の格天井には色は褪せているけど花鳥風月の絵も。木に描かれた牡丹の大きな絵も飾ってあります。浴室男女湯の仕切り側にはタイル画、女湯のペンキ絵は大歩危の風景(男湯は王道の富士山)。どれをとっても、素敵。圧巻。別格!

そして、十人を超える色々な年代のお客さん。

あ、ちょっとお湯をかけちゃったかしら。スミマセン!と挨拶しあった隣のカランのおばあちゃまと、お風呂上がりに軽くおしゃべりしました。北千住に住んで50年、昔っからこのお店に通ってるんですって。昔は楕円形の湯船が中央にあったとか(いわゆる関西型の配置)。そして、まだお子さんが赤ちゃんの頃は脱衣場にお姉さんがいて、赤ちゃんの入浴をすませると預かってお世話してくれたんだよって教えてくださいました。お姉さんがパウダーやオムツをつけたりしてくれてる間、ゆっくりお風呂に入れたんですって。本で読んだ知識はあったけど、直接お話を聞いたのははじめて。「あのサービスは良かったねぇ、今はみぃんなひとりでやらなくちゃいけないから、お母さんは大変だよ」
「おばちゃま、お話ありがとう。お達者でね。」
「ありがとよ。」

そんなおしゃべりも銭湯巡りの醍醐味です。素敵なお店と出会いに感謝した日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタンダード(46湯め)

スタンダード(46湯め)
三連休最終日は、映画みたり銭湯行ったり。夕方から銭湯だったんだけれど「ソウルイーター見たいから!」て、ムスメにまた振られ(!)ひとりでてくてく銭湯へ。

新中野の旭湯さんは、お風呂屋さんらしい感じの、スタンダードなお店でした。

馴染みの場所なのですが、銭湯は知らず。ずうっと歩いていなかったので懐かしい。例えば、「あぁ、昔ムスコの保育園仲間と駅前のマクドナルドでお誕生会やったなぁ。」とか、そんな思い出のある町なんです。

写真の通り、入口は堂々とした唐破風にこまかな意匠!けっこう豪華でかっこいいの!脱衣場の高い格天井に、使い込まれた番台。暖簾はお店の名前を染め抜いたもので、下足入れはカナリヤ錠、うーん、銭湯お遍路の魂をくすぐりますのう。

脱衣場には、赤ちゃん用の体重計(しかも、アナログ。びよよよ〜んってなるやつ)がっ!秤の籐の籠には、もうあんまり赤ちゃんが入ることはないそうですが。番台の女将さんも「古いので、目盛りに書いてある標準体重はあてにならないと思う」とおっしゃってました。ペンキ絵は男女湯にまたがった三保の松原から望む富士山で開放感たあぷり。お湯もたあぷり。ああ、いいなあ。

だんなちゃんが独身時代に来てたことのあるお店で、「ここ行ってくる!」と地図を示したら「…ふつうのお店だよ?」て言ってたの。でも、そのふつうがいいんです。地元のおばちゃまおばあちゃまがいて、近づき過ぎないでいるのに助け合える、うっすらなご縁のあるお店って居心地いいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スミ子、連呼効果。

そうそう日曜昼間はお買い物に出かけていたんですが。

…スミ子に脳をやられて?しまいましたー。

ムスメのお買い物ついでに、自分も何か服買いたいなぁって「コムサイズム(モノコムサ併設)」に寄ったんです。コムサデモードの廉価版というか。もちょいお安くて、カジュアルな服を揃えてるお店ね。ふつーそいうお店には耳に優しいBGMが邪魔にならない程度にかかってるんですが。

♪スーミ子〜スーミ子ぉ〜♪

と、脱力するピクミンの歌のような、ポニョのような(だんなちゃん談)、麻薬的楽曲が、延々とリフレインしてたのです。うぅぅ、脳が溶けていきます。一時間店内をウロウロしてたけど、ずうっとかかってたのよ。よく溶けきらずにお買い物が継続できました…。

じゃあ何そのスミ子って。て、店内調べたら。

「おしりかじり虫」の作者、うるまでるび氏の新キャラクターだそうで、ゆる系の、ちびまる子ちゃんが不幸になったような表情の、純粋な女の子が「スミ子」。モノコムサでCD+DVDやグッズを販売中ですって。いやぁ、ほんと脳がしびれますがな。

ビジュアルは、「スミ子」「うるまでるび」で検索してみてね…。

だんごの好みではない(てゆーか、あたしはおしりかじり虫もそう好きではないの)ですが、楽曲と合わさって脳をゆるめるキャラクターなのは間違いない…!と思いましたわ。

今朝も起き抜けから脳内でスミ子の歌がリフレイン。きっとお店のイケメン店員さんたちも同じに違いない。恐るべし連呼効果。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとりじめ(45湯め)

ひとりじめ(45湯め)
ひとりじめ(45湯め)
日曜の夜は、ムスメに振られちゃったのでひとりで銭湯へ。

新桜台駅そば、「南湯」さん。休日の20時過ぎ、丁度ひとが途切れたのでしょう、しばらくひとりじめでした!

江古田の商店街のはじっこで、ふうわりとした銭湯の匂いをキャッチ。牛乳石鹸の暖簾が可愛らしい。高い天井の、昔っからのつくりの建物です。中は綺麗に普請してあり、フロントには80才くらいのご主人(もとご主人?)。中は、男女湯の仕切り側に大きめの浴槽ふたつ、窓際に小さめの薬湯ひとつ。カランは脱衣場からの入口に平行に、ちょうどメインの湯船から人が見えるような配置でした。突き当たりもカランになっていて、残念だけどペンキ絵はありませんでした。

この所(SMAP以降ね)週末は子らの運動会やらムスメの体調不良やらが続いてバタバタしてたので、久しぶりの銭湯でした。いやー、やっぱり大きい湯船と高い天井っていいなあー☆考えごととか、お悩みとか。そんなのもすっかり頭から追い出して、無心に体を磨いたり、汗がにじむまで湯船でぼけえとするんです。ゆっくりあったまって来ましたよ。

でも、やっぱりあたしは「たあいのない世間話をするお客さん」がちょびっといる時間帯の方が好きかも、なんて思いました。はじめてのお店でのひとりじめは、ちょこっとサミシイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢の夜…!そして、編

夢の夜…!そして、編
コンサートは二回のアンコールで、21:40位に終了。ステージの演出でアリーナ後方に落ちてきた風船がおみやげですv(スタンド席にも、係のかたが持ってきてくださったの!)

で、ムスメとふたり、ドームホテルにチェックイン(>▽<)。

最近あんまりにもムスメのことほったらかしで夜帰り遅いし、夏休みもどこにも連れてかず。10月1日の都民の日は学校が休みなので、まずいなぁ・・・と思ってあたし仕事を休ませてもらったんです。だから、ムスメと一緒にいる時間を作ろうと泊まることにしたの。(もちろん、高所好き&建物好きの趣味に走ってることは否めない・・・ははは)

東京ドームホテルはSMAPファンの皆様だらけでした!

チェックインの時に、となりで海外からのお客さんが「この騒ぎはナニ?SMAPってナニモノ!?」(英語だったけどそんな感じ)と聞いてましたょ。そりゃあビックリしますよねぇ。みんな同じバッグ持って。

ゆっくりムスメとコンサートの話したりして過ごして、昼過ぎからは「おうちにいるお母さん」になりました。これも、とても大切な時間。うーん、なるべく早くにおうちに帰る日を増やそうって思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢の夜…!

ライブの内容については数多のファンサイトのかたが書かれているので特には書き込まないんですが・・・席はスタンド1階、遠くも近くもなく、肉眼でステージ上の5人の見分けがちゃんと出来る場所。

はぁう、ステキだったー。
かっこいいよう。
ふぇーん。
やっぱり、SMAPはダンスと歌と・・・あああ、とにかくエンターテイナーです。

大好きなひとのダンス。ちょっとした仕草。声、表情、視線(いや、モニターのカメラ目線であってだんごのことを見た訳じゃないんだけど)。いちいちドキドキしちゃって、あたし自分で自分を「ナニモノ!?」とか思ってしまった。

SMAPに限らずですが、ライブステージって、本当に人をゲンキにさせてくれるなぁってしみじみ思います。そして、うっかり染み込んで響いちゃったりして。

リフトの上で、ギリギリ表情の雰囲気がわかる慎吾さんが「はじまりのうた(アルバム収録曲)」を歌ってる姿を見たら、うっ・・・ときてしまった。
♪悩んで踏ん張って凹んだりして、何かと大変なんだよねぇ♪
てふうな歌詞なんですが、もう、ダメ。「うん、だんごめげないで頑張るっ!」みたいな気分になっちゃうんです。「オリジナルスマイル」「笑顔のゲンキ」も歌ってくれたので、ああ、たっぷりのゲンキとはげましをもらえましたo(^-^)o

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢の夜…行くまで編

昨日はSMAPのコンサート、東京ドーム公演の楽日でしたッ。
あたしには、今回のツアー最初で最後。

仕事を半日休み、小学校帰りのムスメをピックアップするためにおうちにいったん帰宅。ジーンズにジャケットと上下衣替えして(さすがにミニスカスーツでは行かないさ)、お荷物用意して、準備万端♪ムスメとはツアーTシャツ色違いのお揃い(バカ丸出しとお思いでしょ。でも、モノトーンでふつーに着られるシャツなんでスよ)。ショッピングバッグにはタオルにうちわにライト。

地元の駅をムスメと歩いてたときのこと。

どっかで見たことあるよな女性ふたり組(多分小学校か中学校の、学年違うママ)がこちらをガン見してきました。・・・何だろなぁと思いつつほのかな笑顔の会釈でかわして車内へ。

でもやっぱり見られてるの。

気になるじゃないですか、あんまり見られると。なのでこちらも様子をうかがってたら・・・なんのこたない!彼女たちもこれから東京ドーム行くんだったらしく、チケットを出して席の確認してましたー。そりゃ見るわ(あーほっとした)。こっちはどっから見ても「SMAP行きますッ!」「グッズもいっぱい買っちゃったもんねー」って母娘なんだもの。

そして、駅が後楽園に近づくに従って、どんどん「あ、あの人もだ」「この人もだ」て思える女性が増えてきて・・・後楽園駅では、もうほとんどがSMAPなおねいさんばかり。

ワクワクするよな、なんか不気味なよな。でも、やっぱりワクワクだったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »