« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

スカート…おそろしや

クリーニングにだすのをサボってるもんだから、仕事に着ていくよな服がない!

なので、夕べ押し入れをガサガサ。あ、こんなとこに懐かしいスーツがあるな(十数年前の服だ)、と見つけて着てみる。ちゃんと着られる。黒いスーツだし(何組持ってるのか…黒いスーツ…)、デザインは若いけど、まぁ関係ないか。

いやあーん♪スカートもはけるぢゃん(^ε^)!

「明日これ着て会社行こーっと」なんて用意しといたの。で、もちろん朝もさっさと着替えて、家事したり予習(今晩がすまっぷ本番ですからっ)したりしておりました。

出がけ。お化粧して、全身を鏡に映してみたんです。

・・・スカートが、短い。

はいて歩けない程ではないけど、短い。自分の記憶してるバランスとはどうにも違う。確かにミニスカなんだけど、こんな、こんな短かったか!?もっともっと記憶を掘り起こしたら、思い出した。

このスカート、ヒップボーン(腰ではく)スカートだったよ( ̄口 ̄)


でも家でてきちゃった。遅刻しちゃうもン。怖いモノ晒しながら・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

買いまくりーッ

今日は初日ー!むきゅあーっ☆って、SMAPのコンサートのですッ。

今日のチケットはないのだけど(抽選落ちのうえ、ムスメは学校のある平日…泣)、仕事帰りに東京ドームへGO→(≧▽≦)!こんさとぐっずのお買い物三昧です…自分でも何やってんのかとちょこっとは思いつつも、買い込みましたよーぉ、うちわにペンライト、バスタオルにその他諸々☆だって、みにいくコンサート当日は、とても買い物に並ぶ時間なさそうなんですもん。もちろん、当日は持って行くんですけどね!

新しいアルバムは今朝から予習中。録画だけで観損ねていたスマスマを観たり、以前のライブの復習もしなくっちゃ。あぁ忙しい(笑)。しかあし、こういう忙しさは仕事の忙しさよりもずうぅっと楽しいもんですなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

いっしょに、ベェー(44湯め)

いっしょに、ベェー(44湯め)
いっしょに、ベェー(44湯め)
今日行った銭湯はおばちゃまがたで賑やか。カランと人数がちょうどな賑わいです。ぬるめの浴槽で仲良しらしきおばちゃまふたりがおしゃべりしてました。
「お久しぶりー。こないだじゅう娘が孫連れて来てて、銭湯来なかったのよー」
「あら、そうだったの。」
「娘とはいえ、お客さんみたいで働かなくって!」
「そうよねー。若いのはお客さんよぉ、動かなくって!」
・・・てなところで、はた。とおふたりと目があってしまったっ!ヤバい!

「あらぁ、耳が痛いー」と耳を押さえてベェー、ってしてみたところ、おばちゃまふたりも、目をきょろっとして<ベェー>って(笑)。

そんなアットホームな感じのお店でしたのは、北新宿の「天神湯」さん。中野坂上と大久保の間あたりの、住宅地のお店です。成子天神のそばだから天神湯さんなのかしらと。ムスメとふたり、中野坂上からてくてく歩いて参りました。・・・じつはここらへんも、「中野新橋在住時、夜に子どもふたりを自転車に乗せて育児ノイローゼ回避の放浪をした」あたり(爆)。でも、町が・・・ずいぶんと変わっておりました。中野長者のコワーイ伝説がのこる淀橋あたりも神田川の整備で綺麗だし、職安通り〜大久保通りにつながる道が整備されて再開発してるから、前からあった大きなおうちは減っていました。

さて。んでもってお店は。中普請からあまり年月が経ってないんでしょう、とてもきれい。天井が高くて湯気抜き窓があって、中島絵師のペンキ絵が描いてありました。女湯は石川県の見附島というところの風景で、今年3月の新しい絵。ムスメ、中島氏のサインを見つけるとすかさず「この絵、赤い富士山描いたおじさんが描いた絵だよー」←以前に行った北町浴場さんの男湯の絵(「東京銭湯」というDVDで、描いている姿の映像がありました。うーん、ムスメのほうが銭湯ヲタクかも)。浴槽はあつめ、ぬるめ、入浴剤(今日はヘルスケミカルの「桃の葉ピンク」)の三つで、ぬるめにひとが集まってました。

相変わらず新宿区づいてます(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとり旅な感じ(43湯め)

ひとり旅な感じ(43湯め)
ひとり旅な感じ(43湯め)
今日は18時位に新宿三丁目で仕事を終えたので、やっぱり町を歩いてみました。

そして向かうは、市ヶ谷台町「大星湯」さん。住宅地の中の、こぢんまりしたお店です。

何度歩いても、新宿の住宅地は「昔」のにおいがします。自分が子どものころの路地やアパートみたいな。むきゅっと密集した感じ。もちろんその中に、土地柄ならではの昔からの邸宅や新しく開発された新築マンションもあるんですが。

さて、大星湯さんはこぢんまりと清潔な「地元御用達」のお店でした。ペンキ絵ではなく、チップタイルでのボートと人物の絵。小さめの湯船に、でんき風呂とジェット、水風呂がありました。サウナは別料金。

脱衣場や浴室でのおしゃべりが花開いてて。あたしのような一見にも、ポンポン話しかけてくるおばちゃまがたの気さくさが嬉しい。ご主人は盆栽がご趣味のようで、フロントに飾ってある、30年(!)かけた松の盆栽の解説をしてくださいました。

あー。いい湯だった!東京をひとり旅してる気分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふしぎなきぶん(42湯め)

ふしぎなきぶん(42湯め)
あんまり元気のない連休だったとはいえ、銭湯巡りは別(?)。今回は、ひとりで東新宿…というより大久保の銭湯「万年湯」さんに行ってまいりました。

大久保通り沿い、コリアンタウンそば。銭湯マップでは、「韓国料理の後にリラックスを」てなことが書いてありました。今回は残念ながら食事とセットではないので、東新宿の職安通り側から住宅地をてくてくと歩いて向かいました。普通に民家とアパートの町なみです。区役所通りを歌舞伎町に向いて眺めると風林会館の看板がみえて「繁華街!」なんですが、通りを隔てると生活の町。

時間は夕食少し前、ひとの生活音が響く時間帯。聞こえてくることばは、異国のことば。ふしぎなんです。いかにも東京だーって町なみにいて、聞こえてくるのは異国のことば。住宅地とラブホテルを抜けると、韓国語の看板がたくさんある大久保通り。

お店は四角い建物で、外観も内装もシンプルです。和風建築ではないけど天井は高めで圧迫感はありません。白とピンク(男湯は白とグレーらしい)でまとめられて、湯船側には赤く大きな花の柄のタイル。サウナはないけど水風呂があり、バイブラ、ジェット、でんき風呂もありました。お湯は少し熱めかしら。少し塩素のにおいが気になるけど、サッパリします。ふしぎなきぶんに包まれたままの入浴だったんだけど、お店の中はふしぎでも何でもなく。おばちゃま、おばあちゃまがのんびり入浴していました。脱衣場の注意書きが四カ国語(日韓中英語)だったり、韓国あかすりを持ってるひとが多い(しかもみんな同じの)のを除けば、どこにいるのか意識することもなくて、のんびり過ごせます。脱衣場に薄桃色のトルコ桔梗が生けてあって和みました。

再訪の時は、韓国料理とセットで来よう!と強く思うお店です。(だって周りには美味しいにおいが立ちこめてるの!)さて。その時は料理が先かしら、入浴が先かしら、どっちがいいんだろなあ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

気持ちは東京ドーム

一公演だけ、確保できましたーッ!二年ぶりのSMAPコンサートチケット♪

ムスメと行く都合上行ける日が限られているので、抽選に漏れたらどうしようかと思ってました(とはいえファンクラブひとりぶんしか当選しなかったんだけど)。席はスタンド席だけど、後ろのほうだけど、一階席だし、うーん幸せ。

何年もSMAPのコンサートに行っているのに、東京ドームはハズレ続きだったので、なんと初めて。今回地方はみいんな平日で諦めたので、何とかもう一回観たい!とドームの一般電話受付も挑戦したんですが(各プレイガイドに三台の電話で…)撃沈しました。でも!もう、頭の中は東京ドームに飛んでます。ライブDVD引っ張り出して眺めちゃった。あんまり元気のない週末だったし、平日はきびしー毎日が続くけど、指折り数えた先に楽しみがあると乗り越えられるッ。

ああ!慎吾さんと目が合ってもいいように、お手入れしなくっちゃ!おしゃれ、しなくっちゃ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新宿区に惹かれて(41湯め)

新宿区に惹かれて(41湯め)
新宿区に惹かれて(41湯め)
新宿区に惹かれて(41湯め)
週末、土曜の夜は東新宿にまいりました。

神楽坂の「熱海湯」さんでおしゃべりしたおばちゃまおススメの町並み、東新宿。そして目指したのは「東宝湯」さん。ムスメが何やら平日から「東新宿の銭湯に行こうよー!」と言っていたので、リクエストに応え。前に一緒に行こうとしてやめたことがあるから、気にしてたみたい。母を気づかってるのね…

職安通りから一歩入ると、ふつーの、民家とアパートの町並みです。「新宿?」て感じで。例によって路地をうろうろしつつお店を目指してたら、「あ、お風呂屋さんのにおい!」とムスメ。看板があかりを灯して待っててくれました。

ふつうの、四角い建築のお店です。ペンキ絵もなく、柄タイルのつくりで。でも、地元のおばちゃまがたでとても賑わってましたの!ラベンダー湯に備長炭のお湯の二漕(日替わりで設定されるみたい。ヘルスケミカルの入浴剤を使用)。大きめな湯船に、皆さん ほおっ、となさってました。なんていうか、身内になりすぎない、ほんのり縁のあるご近所づきあいが…銭湯を介して…しっかり成り立っている雰囲気があったかいのです。

正座をして髪を乾かすおばあちゃまに丁度いいドライヤー台(写真とっちゃいました)や、バスタオルを縫い止めた足ふきマットにも、あったかさがこもってました。

で。あったまった帰りは、大久保方面にお散歩。色んな言語の看板を眺めつつ、ムスメとお寿司屋さんに入りました。メニューはインターナショナルバージョン!「新宿」と言えばデパートや駅前しか知らないムスメには、不思議だった様子。歩くとふつーの町並みで、明るい道には色んな国のことばがたくさんなんですもの。

このままハイジア→西口ガード方面に抜けて帰ろうかとも思ったんだけど、雷雨がひどくてまっすぐ東新宿駅へ戻りました。「土曜の夜に連れまわすにゃまだムスメ子どもすぎ!」って、雷神が言ってたのかも(汗)。

いずれにしても、新宿区は不思議な魅力でいっぱいです。これからも町歩きしてみたいな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

野生(?)の朝顔

野生(?)の朝顔
秋の気配が感じられる今日この頃。季節には少し遅れて、庭の朝顔が満開です。けっこう綺麗☆

別にちゃんと植えたわけではなく、去年落ちた種から勝手につるがのびてきたもの。ちょうどツルバラのための棚があるので、そことバラの枝に絡まってのびてるんです。まるで「朝顔棚」。夏の朝に爽やかに咲いて欲しかったんだけどな....、どうも暑い時期は「上に伸びる」ので手一杯だったらしい。

つるのあるものって、ホントに生命力があります。ひとりでは生きて行けない(伸びて行けない)らしいけど、だからこそ元気があるのかなあ。ひとりじゃないから、強いのかしら。うーん、何だか…すごくしたたかなキャラクターだわ。からみつき過ぎて木を弱めてしまうと、きっと自分も生きていけないんだろうに「そんなの関係ねぇ」と言わんばかりにあっちこっちに絡んでます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »