« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

コトバ

あああ、ついに4月が終わってしまいます〜!書き込みをしないでいましたが、もう何だかくるくるしたまま月末になってしまいました。そんなに元気なかったひとつきでした…いや、でも別に病気だったわけではなく。ちょっと風邪ひいたり凹んでたりはしましたが、うーん、何だか毎年春って得意じゃないんですょ。


昨日、ムスコにちょっとしたことで注意をしたら、ボソッと

「東京湾に沈め!」

と言われたのでした。元気な時なら「親に向かってそりゃなんじゃ(怒)」てこたえるのだけど、どーにも情緒不安定な今は

「そんなに嫌いなの。わかったよ…東京湾ね!」

という、親にあるまじき反応になってしまいました。しかも半ベソ。(彼にはかわいそうな事をしました。あたしがパニック障害に罹患して超不安定な時期を見て知っている子だから。うかつに母親に反抗出来ない環境は、中学生には酷でスね)
ああああ、こりゃマズイと思って、何とかフォロー。

「そういう言葉は相手の状況次第で武器になってしまうんだよ。お母さんが不安定な時に言われたら本気にして東京湾に行くかもしれないよ!友達だって同じ!考えて放つべき言葉なんだよ!」

でも、自分で言って自分で染みちゃいました。本当に言葉って怖いなあって。相手の温度と自分の温度は同じにはなり得ないのだもの。あたしも、どれだけコトバの武器を放ってるんだろう。

まっ!でもね。そろそろ復調です。ウジウジ考えこんでも仕方ない。また銭湯巡りも復活ですよう!たくさん行きたい所あるんですもの。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

75年前の建物(26湯め)

75年前の建物(26湯め)
日曜は家族みんなで目白台の「月の湯」さんへ行きました。我が家の男性陣を巻き込んだ銭湯お遍路ははじめて。

昭和8年の建築。レトロで有名なお店なんですょ。大好きな本「銭湯遺産」にも掲載されていて、以前から行きたかった銭湯。

レトロを売りにしつつ、媚びてる感じのない風情のあるお店でした。スタンプノートを出すと「昨日だったらイベントでお客さんたくさんだったのよ」と番台のおばちゃま。前日は古本市やカフェ開設のイベントがあり、千人くらいもの人が集まったそうです。でもきっと、あたしには普通の日で正解かな。

どっしりとした柱、浅湯と深湯のコンビ、坪庭に鯉のタイル絵と風景画。女湯は大歩危渓谷の絵で、マイナーな…と思いました。お店のどなたかゆかりの地なのかしらん(でも、温泉地の渓谷って、よく使う素材みたい。わりと見かけます)。広告の看板もありました。

あたしのような遠くからのお客さんも地元のかたも、両方受け入れる懐深さが心地よいお店でした。

さて、これで第一段階目の【26湯】は制覇。でも、まだまだ行きたい銭湯がてんこもりにあります。ムスメを道連れに、ペース落としつつ楽しんでいこうっと☆

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »