« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

雨の中野坂上(25湯め)

雨の中野坂上(25湯め)
日曜日はいくつか買いたい本があったので、新宿の紀伊國屋書店に行ってました。子らは付き合ってくれなかったので、ひとりのおでかけ。

雨に煙る桜が綺麗で、でもなんとも切なくて。桜ってなんだってこう胸が苦しくなるんだろう…なんてかあなりLOWな気分だったので、中野坂上の「クラブ湯」さんに行ってまいりました。

いまはもういない友人が通ったことのあるという銭湯。
おセンチな気分には最適のチョイス(爆)

中野坂上近辺は以前近くに住んでたこともあって、けっこう路地裏も知ってるんですが…この銭湯を銭湯マップで知ったときには「?」だったんです。そんなとこにあったっけ??と。でも、足を運ぶとちゃんと記憶にありました。まだ中野坂上にビルが立ち並ぶ前、10年以上前の記憶。

塞ぎかけたカサブタをベリベリとはぐ気分で暖簾をくぐり抜けると、昔ながらの脱衣場。やっぱり近所のおばちゃまがたの素敵な社交場です。

女湯には上州老神の風景画。男湯は富士山らしく、山頂の白雪がちょろっとみえました。ぬるい湯の浴槽があるので、だらだら浸かれます。

風呂上がりに、番台にいらしたご主人さんとちょこっとおしゃべり。昭和33年くらいの開業ですって。当時はモダンな店名だったんだろうなあ。「クラブ浴湯」ですもの。看板は、写真のとおりちょこっと悲しくなってますが…。昔の中野坂上のたくさんのお屋敷と地上げの時期のこと。今も昔も便利なだけでなくあったかくて、住みやすいって町だってこと。色々お話が出てきました。

町もひとも変わっても、変わらずに居てくれる銭湯がなんだか沁みました。ほっこりと気分も上向きになった夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お花見帰りひとっ風呂(24湯め)

お花見帰りひとっ風呂(24湯め)
日曜日は甥っ子たちとムスメを連れて、秋葉原と上野にお出かけ。ぽかぽかしていて上野のお山の桜も三分咲き、ふわぁ、上機嫌です☆

上野で甥っ子たちと別れた後は、ムスメと御徒町の「燕湯」にGO!(予定が決まってなくてもムスメとあたしはお風呂セットを忘れないのだ!)

燕湯さんは朝湯で有名なお店。都内に珍しく6時から20時が営業時間なんです。朝の通勤前に寄るのを予定していたのですが、近くにいたので我慢出来ずに?寄ってしまいましたー。というのも、こちらはしばらくお休みなさっていて、銭湯ファンから廃業を心配されていた中最近再開したばかりなんです。行かねば、でしょッ!?

おーっ、噂どおりにキリッと熱いお湯!

深湯はまるで「熱湯コマーシャル」のごとき熱さ!江戸っ子はこれ位のお湯を好んだのかしら。ムスメは地元のおばちゃまがたに「ここ、お水出したからいらっしゃい!」と声をかけていただいてました。ペンキ絵は男女湯にまたがる優しい富士山。再開にあわせて描かれた新しい絵です。女湯の湯船の脇は岩で装飾してあるのですが、うふふ、なかなかムフフです。

沢山歩いた疲れが癒やされるひとっ風呂。お店のかたにも、地元のおばちゃまがたにもとても温かくしていただいた、印象に残るお湯屋さんでした。

次はやっぱり朝湯に挑戦!でも、もっと熱いんですって。うん、目が覚めそう!
※この銭湯は国の登録有形文化財になるそうで、新聞にも掲載されてました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

江戸川橋だけど熱海(23湯め)

江戸川橋だけど熱海(23湯め)
今日は休暇。なので(?)学校から帰ったムスメと、電車に乗って銭湯へ。

江戸川橋、「浴場熱海」。

ここは、銭湯めぐりをはじめた頃から絶対に行きたいと思ってた銭湯。江戸川橋の駅からすごく近くて、何とも素敵な名前だから心に引っかかっていたの。あああ!きっと熱海が憧れの温泉地だった頃に開店したんだなあ、なんて思って。そして、今週23日で閉店しちゃうて情報を得て「何としても行かなくては!」て焦っていたのでした。

ホントに江戸川橋からすぐ。キングレコードのビルの向かいにありました。一時期頻繁に歩いたことのある辺りなのに、ここに銭湯があるなんてまったく知らなかったなあ。

こじんまりとしたビル型の銭湯で、無料スチームサウナのあるお湯屋さんです。スチームサウナは、乾式サウナよりも、好き(ムスメも入れるし)。平日の夕方、女湯は若いかたもおばちゃまもいました。少しお話をしたおばちゃまがたは、地元在住でたまにのんびりしにいらっしゃるかたたちで、閉店をとても惜しんでらっしゃいました。23日はきっと思い出のあるかたがたくさんみえるのでしょう。昭和26年開店とのことですもん。

江戸川橋の桜は、ちょこっとだけ咲いてました。…「満開の桜を見てひとっ風呂」はかなわないんだなあって、ちょっぴり淋しくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

失恋の痛手を銭湯で癒やす。

土日は中途半端な時間に色々予定があったので、地元まわりで過ごしてました。時間をみつけては、DSで恋をしながら(爆)。

…だって、まさかのびっくり。ほんとに?恋に落ちちゃったんだもの!なのに、なのに、とても仲良しになった彼は、卒業式を目の前にして引っ越してしまいました…。(この乙女ゲームは高校三年間のお話なんです。)

突然のお別れに呆然。そして涙。

ゲームなのに!ゲームなのはわかってるのにっ。

日曜は泣きはらした目で夕食の準備でした。(子らに大馬鹿にされながら。かつ、何だかんだと慰められながら。馬鹿ですねぇ、ほんとに)

なので、夜には近所の銭湯で気分転換をしてきました。21時近くの銭湯はしばらくの間ムスメとあたしの貸切状態。バイブラ湯のぶくぶくに包まれて、何となく癒された気分。破れた恋心にも銭湯は効くのだなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プレゼント

プレゼント
今日、人生の節目。…に、だんなちゃんがプレゼントしてくれたものは。

DSときめきメモリアルガールズサイド2。

いわゆるヲトメゲームですよ!恋愛シミュレーションの女子向け版ですの。共通の友人女子がはまっているので、夫婦の話題にはのぼってましたよ。でも、まさか自分のオットからそんなゲームを贈られるとは…

んが、しかし。えええー?とか言いつつも、なんだか二次元の恋愛にのめり込んでいく自分がいたりします。あー、頭の中は銭湯と彼(佐伯くんというキャラっ!今、好きなのっ!)でいっぱいー!!

ええ、幸せですとも。

今年は銭湯巡りをはじめとして、いろいろ趣味を楽しもっと。英会話も再開しなくっちゃ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

西荻、何年ぶりだろ(22湯め)

西荻、何年ぶりだろ(22湯め)
今日はダラダラと文庫本読んだりしてたのですが、夕方からひとりで西荻窪の玉の湯に行ってきました。何年ぶりだろう、西荻窪。荻窪や吉祥寺には行っても、西荻ってあんまり行かない町です。記憶していた町並みや駅ととは、ずいぶんと変わって賑やかになってました。

玉の湯さんは銭湯らしい銭湯の建物で、すぐにわかります。高い天井にぜんまい式の柱時計。番台は玄関を向いています(こういう所はあたしは初めて。番台が男性でも気にせず服脱げるからいいな)。突き当たりに湯船があるスタンダードな作りで、きれいに普請されてます。壁は銭湯絵ではなく新しいタイルにあっさりとした夕暮れの海の絵がかいてありました。若いお客さんも多いのかしら、ファッション誌が色々置いてあって。

深湯が細かい気泡で白濁してて気持ちいいですー。あああ、深湯ラブ。

カランでお隣りに座っていたおばちゃまが、とおても丁寧に身体を洗ってらしたんですよ。つい・・・何かあたしも念入り丁寧に時間をかけて身体を磨いてみました(張り合ってどうする)。

ほかほかになって下駄箱へ。(あ!ここには昔からあるらしい九谷焼のタイル絵があるんです。宝船でめでたくて、素敵。)暖簾をくぐって帰路へ一歩踏み出したらななめ向かいに。

あ。「やきとり雅」!
地酒の美味しい素敵なお店なのに、場所がわかんなくなって来られなくなってた店なんですよ!なあんだ、ここだったのかあー!・・・うっかり店に入りそうでした。が、ハラヘリの子どもたちが待っているのでうーん我慢我慢。今度時間を作って誰か誘って、「ひとっ風呂→地酒ツアー」で来ようっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

落合、松の湯(21湯め)

落合、松の湯(21湯め)
今日は子ども関連の行事が午前午後と入っていたので、仕事は有給休暇をとりました。そう、バタバタと疲れた日には早く帰って銭湯!って思いを秘めて。もちろん、夕食もおやつもバッチリ朝のうちに用意しましたよう(笑)

しかあし。小学校を出たらもう5時。残念、遠く迄は行けません。

で、帰宅後ムスメに宿題と支度を急いでやらせ、まあまあ近場?の落合にGO!(中学生のムスコは部活&習い事で20時帰宅。メモをおいてのお出かけです。)

このあたり・・・と歩いても、銭湯の看板は見当たらず。でも、ふんわりと銭湯の匂いが。先を行くムスメを呼び止め、ぐるっと見回したらありました。ビルの2階!ひっそり!わかんなかった!

ここは不思議な作りでした。縦長なんです。浴室に入って正面突き当たりの一段高い場所に水風呂と熱めの深湯。深湯浴槽からはざああと手前下段のぬる湯浴槽にお湯が流れてます。で、一番手前には薬湯。そうです。縦に立体的にレイアウトされているの。で、壁際には「マイナスイオン石榴口」がありました。江戸時代に銭湯にあった蒸し風呂を模したスペースなんです(ミストサウナのようなもの)。

ぬる湯と反復浴が好きなムスメは(いや・・・反復浴が好きなのか、ただ水風呂が好きなのかは不明)あちこちと移動して楽しんでおりました。ミストサウナは子どもも楽しめますしね!もちろん、あたしも楽しみました。深湯が好きなんですよー。内風呂では有り得ない深さで、たぷうんと体すっぽり包まるから。

さあて。元気出たぞ。明日も頑張ろっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菊坂町の菊水湯(20湯め)

菊坂町の菊水湯(20湯め)
土曜は仕事帰り本郷に行ってきました。白山通りから一歩奥に入ると、昔ながらの町並みに、マンションとビル。昭和と平成のごった煮です。住宅地をぶらぶらしてると、江戸や明治の頃の町並みを想像しちゃう町。

銭湯マップ片手に「菊水湯」を目指して歩いていたら、町内会の看板に「菊坂町会」て文字。あああ!本郷菊坂町と言えば宮澤賢治が東京で住んだ町では!?(賢治好きなんです)・・・なんて思っていたら「文豪の町、本郷」て観光看板も発見。そういえばそうでした。明治の文豪が本郷あたりには集まってたんですよね。ゆかりの地も多いようで、もっとゆっくり歩きたかったなあ。

目指す菊水湯は、菊坂の通りからちょっと入ったあたりにやっと発見。

昔ながらの建物。暖簾をくぐったらテレビから山口百恵の歌が流れてきて、一瞬時間ごとスリップしたかと思っちゃったよ(たまたまNHKで流れてただけ)。男女湯にまたがった壁のペンキ画は伊豆海岸から望む雄大な富士山です。

だらりんとお湯につかりながら「銭湯も好きだけど、きっと知らない町を歩くのが楽しいんだなあ」なんて思った日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »