« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

フクザツな気分

先日、会社の元後輩と会いました。4歳くらい下で、彼女が新人の時に知り合ったひと。香港に配転→退社現地で転職(今はお子さんを産んで育児中)少し帰国していたのでランチをご一緒したのでした。おそらく会ったのは8〜9年ぶり位。

フクザツな気分になったのは、レストランで落ち合った時の彼女の反応。

「だんごさん!?えっ、すごいおきれいになられましたねー!....(はっ)えっと....」

きれいになったと年下の女性(ポイント)に言われたのは、スッゴク嬉しかったの!もースッゴクスッゴク。でもね、彼女がその後「はっ。きれいになったと言ったということは、以前がきれいではなかったと言ったも同然だわ」と気づいて戸惑っていたところがなんとも...。

一生懸命フォローしていたところも...。

思い起こせば彼女と働いていた当時は娘の妊娠中。息子も2歳位で、まるきり余裕がなかったです...。髪は短く、もしくはアップ(今はセミロングです。余裕があればカールしたりも)。ああきっと、生活くさーい先輩社員だったんだろうなァ。


嗚呼、フクザツです。女をさげないようにしようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

胃カメラ

昨日、胃カメラ初体験でした。結果は心配なし!

三月にバリウム飲んでポリープが発見されたための再検査だったから、けっこうドキドキものではありました。でも、もともと胃の真ん中に出来ていたので、心配ないヤツだとは思ってたのです(胃の入口や出口にあるもの以外は、通常なんの悪さもしないそうです..普通のポリープなら)。だから、どちらかというと病気より「内視鏡を口から入れる」という行為の方が恐怖でした。

辛かった。

だって、管を口から入れていくんだものっ!何が辛いって、のどが苦しい。何度も「おえっ」と嘔吐反射が起きて、そのたび「もう少しだから我慢してー力ぬいてー」とか言われるの。反射だっつーの(`ε´)
10分程度とはいえもうやりたくないなーと思いました。女医さん+女性技師さんの組み合わせで良かったですよー。半べそ、泣き言、よだれまみれで....なんかもう見られたもんじゃなかった××××。
にしても、医療機器って凄いですね。自分の胃の中の写真が見られるなんてビックリ。空気入れてふくらませての撮影は当たり前、場合によっては組織を取ったり手術も出来ちゃうのって、なんか不思議です。内蔵はピンク色でした☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元気にしています

書き込みをしていない状態が続いていましたね!どなたも読んでいないからいーか!と思いきや、某おかたからご心配いただき「調子はどうですか」とメールをもらってしまいました。 元気です。すみません。m(__)mただただ、だらけているだけ...そして、早寝早起きをしているだけ...デス。特に変わらず、仕事&家事育児&英会話(←さぼりぎみ)&学童クラブ関連役員の業務等のきちきちの日々を過ごしてます。七時間平均の長い睡眠時間をとっているので、起きている時間はいっつも忙しいです(苦笑)。三月末から四月頭はどーにも睡眠か浅くて「プチ鬱」かと思う状態だったのですが、このとこ復活してきた感じ。

最近は「子離れ」についてちょっと考えています。 春休みにも子どもたちをキャンプに送り出したんですが...やっぱり淋しくて。子どもたちにも「おかあさんが泣くんじゃないのー?おかあさんの甘えんぼー」などとからかわれる始末。「親離れ」をさせなければと野外活動に出しているのに、私の方がダメダメなんですよ...。子どもに依存しちゃいけないなーと、わかってはいるんですけど。うーん、難しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »