« December 2004 | Main | March 2005 »

February 2005

子育てしながら働くということ

会社の同期から相談をうけました。
彼女は管理職。子どもはもっていないけど、部下の女性が子持ち。上のお子さんが4月に小学校入学&下のお子さんも満3歳になり、3月末日をもって時短勤務終了するとか。
彼女の悩みは、
*気をつけてあげなければならない点はどんなところか
*フルタイム勤務のほかの人とのバランスをどうとるか
*本人のやる気もつぶさず、後進の妨げにならないような仕事のまかせかたは?
といったところ。

確かに悩ましい。
ひとくちで「働く母」つっても、本当に千差万別だし。でも、正社員で働くからには他のひととのバランスは考えなければなりません。賃金や責任が同じじものとして動くわけだから。→同じものなら、やっぱり独身とか奥さんが身の回りの世話してくれる人のほうが会社員としての労働力は大きいよね(`ε´)、と思う。
子育てしながら働いていると、時々なぜ働いているのだか解らなくなります。働くためにしなければいけないこと(保育園や学童保育の手配とか)が多いし、逆に子育て(病気や学校行事など)のために仕事ができないことも多くて..。

まっ、ちゃんと働いておいしいご飯食べられればいっかー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すれ違い生活と若くはないワタシ

久しぶりにだんなちゃんが明け方帰宅。多分四時くらいかな?私が起きる頃(五時過ぎ)に「少し寝るー。おやすみー。」と就寝でした。

まっ、慣れっこですが(笑)

普段は「ただいまー(彼)おやすみー(私)」か、「ただいまー(彼)(-.-)。zzZ゜(私)」程度。
でも、昨夜作業していた某スタジオには、別の部屋に一昨日からずっと作業してる友人がいたそうなので(☆五さんお疲れ様)彼と較べればましかな?いずれにしても皆若くは無いんだから労って欲しいもんです。

そうだ。若くはないで思い出した!
先日社内報に顔写真入りでちびっとの文章が掲載されたんですよ。そしたら、数日後同僚(男性、年下)から、こんな言葉が。
「あの写真は、いつ撮られたんですか?」「可愛らしかったので...」
まんざらではない。可愛いとか綺麗と言われるのは、嬉しい☆が...
「いつ撮られたんですか?」
..ついこの間、今年になってからだぞ?
「可愛らしく..いつ..いつ..いつ..」頭の中でリフレインする「いつ」。

うっ、今の生の私とあまりに違ってるということか!(>_<)イタタ。

確かにあの写真は年がいなくぶり顔だったけどさー(泣)勿論発言者はいぢめましたわ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どくしょの話

最近は児童文学ばかり読んでいます。
「ダレン・シャン」。「バーティミアス」。「デルトラクエスト」(これはマンガみたいなものだが)。
....といったファンタジーものが中心ですが、とりわけ「ダレン・シャン」は上出来。売れているウワサは知っていたし、甥にも薦められてましたが、自分も簡単にはまってしまうとは驚き。でも、ハードカバーだし(一冊1600円で10冊以上出ている(>_<))まとめ買いには勇気が要ります。まだ三巻迄しか読んでいないけど、そのうち全巻買っちゃうんだろうな...。
他にお気に入りで「NO.6」があります。「バッテリー」のあさのあつこの近未来SF作品。ボーイズラブ好きのひとは絶対はまると思う。(私はべつにボーイズラブの趣味はないが、少年に惚れちゃった)

これらの主人公はみんな少年。なんかちょっと悔しいような気もします。
少女や女性が主人公の、秀逸な作品ころがってないかなー。(マイナーかもしれませんが、私はアン・マキャフリーの作品が好きです。「キラシャンドラ」最高)「モモ」も少女が主人公で大好きな作品。こないだ読み返しました。


今日、浅草の路地裏で沈丁花が香りましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近況なのだ。

バレンタインデーです。
今年はいろいろ買わずに、ムスメとケーキやチョコを作りました。いやー、楽しいもんです。ムスコ(小四)が大きくなるにしたがい、お菓子作りに興味を持たなくなってきて少しつまらなかったのですが、ムスメならOK!しかも、彼女も大喜びなので一石二鳥です。「かわいー!」の共有をできる家族がいるのは、嬉しい。


さて。最近の読書や興味の傾向でも書きます。....偏ってます。
このとこ読むのは児童文学が多い(デルトラ・クエスト/ダレン・シャン/バーティミアス/あさのあつこ作品など)です。これらは子どもと一緒に読んでるのですが、仲々楽しめますよ。私、もともとファンタジー好きだし。←ハヤカワ文庫万歳な位(笑)。
次に昭和時代の考証本→昭和3-40年代の博物史みたいの。(新選組の幕末からはすっかり足抜けしました。)これは江戸東京博物館の店にあった本から火がついたもの。
今、とにかく「時間がない!」から、子どもの頃の生活を再体験してみたいのかも。昔は何であんなに時間があったのかなー。働いていなかったからかなー?でも、今の子ども達見ていてもそんなに余裕があるようには見えないんですよね。不思議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鬼母(おにはは)?

日、月、火とムスメが風邪で発熱し、学校お休み。が、私は仕事休んでない。すげぇ遅刻しているけど。(月曜なんか14時出社の23時近く退社だもん。ちなみにフレックスタイムなわけではなく☆遅刻でカウントされます)

...鬼母?

子らは寂しいだろうなって、思う。よくないんじゃないかって、思う。病気の時位は休んであげろよって自分でも思う。けど、そうも言ってられない。責任感で動いているきらいはあるけど....、うん、他のひと(じょうし!)のいいかげんさも見習わなければかなと思います。でも、繁忙が続いていて、そう簡単に穴あけられない..お客様に迷惑かかるしの。

悩みどころ。

仕事も少し落ち着く見込みなので、七時すぎに帰宅するのを続けたいなぁ。とりあえず、今週水・木・金曜は可能。(前からの予定で終日外出)

うん、鬼母返上!
ずっと書き込みせず、知人に殆ど連絡もしていないだんごはこんな生活を送っているのでした。

私のいる会社は、一般のお客様から社長宛に来た苦情の手紙への対応は社長に報告します。報告が必要な担当案件を持っていて多忙に輪がかかってる(>_<)
誠実な対応で正しい..けど、社長宛苦情はやめて欲しいー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | March 2005 »